クーポン
いつでも電話とメール対応いたします。
健太郎漢方針灸 東京都豊島区西池袋4-23-15 ・有楽町線 副都心線 要町駅徒歩5分 ・池袋駅徒歩14分 お問合せ電話番号 090-9688-2223 いつでもメールと電話対応致します。
人生が一瞬で劇的に変わる健太郎漢方針灸のリバースセラピー
3万人以上の身体と対話し、辿り着いた最高峰の根本治療 ご予約・お問い合わせ リフトアップセラピー よくある質問 アクセス 講習会のお知らせ 健太郎オススメの逸品達 モバイルサイト
お客様の声
松田先生より推薦文 乃木田先生より推薦文 さすらいの針灸師 松浦健太郎 針灸&東洋医学をもっと知ろう! facebook

五十肩 (肩関節周囲炎)

五十肩とは肩関節周囲炎に相当するものをさし、肩こりと混同される人もいますが、両者は全く違う物です。五十肩は肩関節の周囲組織の病変によっておこり、運動制限と疼痛を伴います。中老の人に多い事から「五十肩」とか「四十肩」と呼ばれます。それに対し、肩こりは肩や首のつけ根の筋肉疲労から起こる物です。関節周囲の変化としては腱炎、腱鞘炎、腱板損傷、滑液包炎、関節包炎などがあります。

主な症状は肩関節の疼痛と運動制限です。代表的な運動制限として後ろのポケットに手が入らない、髪結い、帯締め等が出来なくなるなど。まだひどくなると、疼痛の為に睡眠の質が落ちたり寝られなくなる事もあります。
五十肩は不思議な事に、悪化したとしてもその後は徐々に軽快していきます。多くは6か月、遅くとも1年以内に症状は無くなります。きちんとリハビリをしておかないと痛みが取れたとしても、関節の運動制限などが起きてしまう事もあるので、リハビリは必須です。両側の肩関節に同時にくることはほとんどないのですが、治ってから他方の肩関節に発病することがあります。

病院では痛み止めや麻酔剤、保存的療法が行われます。積極的に治療しようと言うより、症状に対しての対症療法でしかありません。病院に行って薬を飲んでも効果が思う様に出ない時などに鍼灸治療は素晴らしい効果を発揮します。



<五十肩の鍼灸治療>
当治療院では五十肩の治療を基本的に次のようなアプローチを行います。
まず、どこの経絡(気の流れ道)が滞っているかを様々な方法で判断し、その気を通す治療を致します。過去の臨床で知られているツボ(五十肩のツボ)や流れの悪くなっている経絡のツボに鍼を施したり、火針(火で温めた鍼をツボに当てる)や刺絡(?血 おけつ と言われる古くなって流れの悪くなった血の総称)を取る治療など、特殊な治療も組み合わせていきます。
緊張している患部の血行改善をし、筋肉を緩め、患部の炎症を押さえ、神経への圧迫を緩めた結果、痛み、しびれ、運動制限等の諸症状の寛解を目指します。鍼治療をする事によって、寛解までの時間を短縮していける事は間違い無いでしょう。

鍼灸以外ではビタミンB12、ビタミンCとカルシウムを取っていると早く治る事が過去の症例でわかっています。姿勢や身体の使い方の癖が、現在の状況に悪影響を与えている事もあります。合わせて運動療法などもお伝え致します。

病院で「経過を見ましょう」と言われた時などは積極的に鍼灸治療を試してみる価値があると思います。


戻る  |  TOPページに戻る