クーポン
いつでも電話とメール対応いたします。
健太郎漢方針灸 東京都豊島区西池袋4-23-15 ・有楽町線 副都心線 要町駅徒歩5分 ・池袋駅徒歩14分 お問合せ電話番号 090-9688-2223 いつでもメールと電話対応致します。
人生が一瞬で劇的に変わる健太郎漢方針灸のリバースセラピー
3万人以上の身体と対話し、辿り着いた最高峰の根本治療 ご予約・お問い合わせ リフトアップセラピー よくある質問 アクセス 講習会のお知らせ 健太郎オススメの逸品達 モバイルサイト
お客様の声
松田先生より推薦文 乃木田先生より推薦文 さすらいの針灸師 松浦健太郎 針灸&東洋医学をもっと知ろう! facebook

うつ病

うつ病とは気分が落ち込んだり行動意欲が失われたりする気分障害の一種です。
一過性の憂うつと違い、長く強い憂うつな気分と共に「意欲が出ない」「考えがまとまらない」「疲れやすい」「眠れない」など体の症状もが長く続いて日常生活に支障をきたします。好きな事にさえも興味が無くなり、やりたくなくなっている事も一つの特徴です。

日本人の15人に1人は一生に一度はかかる可能性があると言われており、「まさか自分が」と過信するのは危険です。

うつ病の症状には大きく「精神症状」と「身体症状」があります。
●精神症状
憂うつ感、興味・関心の低下がうつ病の2大精神症状です。症状が進むと自責感、無価値感が現れるのが特徴です。
その他の主な症状としては
(気分の症状)
憂うつ、物悲しい、落ち着かない、自分を責める、悲観的になる、絶望的になる
(意欲の症状)
何事にも意欲がわかない、注意力・思考力・やる気・記憶力の低下、決断力が欠乏する、引きこもりがちになる

●身体症状
肩こり・首こり、腰痛、腹痛、胃腸の不調、眠れない、食欲がない、疲れやすい、倦怠感、体重が減る、めまい・耳鳴り、月経不順、インポテンツ(ED)など


上記のような症状が複数同時に2週間以上続くようであれば、うつ病の疑いがあります。


<うつ病の鍼灸治療>
当院ではうつ病に悩む多くの方が来院されています。
鍼灸治療にとって自律神経の調節は最も得意な分野の一つです。うつ病は長期に渡って受けるストレスや睡眠不足から始まるケースが多くありますが、その受けたストレスを軽減させ、質の良い睡眠を取れる様に鍼灸治療がお手伝いします。
病院に行ってうつ病と診断されても、軽いうちでしたら薬を飲まずに調子を整えられますし、現在しっかりお薬をお飲みの方にも、飲んでいる状態で安定させ、かかりつけのドクターと連携しながら徐々にお薬を減らすこともご提案できます。(ただし、絶対に自己判断でお薬を減らしたり止めることはしないでください)

鍼灸治療は主に自律神経(交感神経・副交感神経)を調節します。現代のストレス社会では交感神経がより働く、過緊張状態の方が非常に多いと見受けます。リラックスしている時や睡眠時に働く副交感神経を活発化し、強く出る過緊張を押さえ、身体をリラックスさせます。
治療前は実感がわかないかもしれませんが、鍼灸治療後はとても眠くなります。治療中に熟睡され、どこにいるのかも忘れてしまう方もいらっしゃり、中には「あれ?先生なんでうちにいるの」と寝ぼける方も(笑)

自律神経失調症はうつ病の一歩手前、というケースはとても多いです。良い睡眠が取れなくなっている方は特に要注意です。日常生活で何より大事なのがストレス対策ですが、職場に行く度にストレスを受けている方も多いことでしょう。ストレスから来る様々な不調に対し、鍼灸治療は特に大きな効果を発揮します。「ストレスを受ければまた戻ってしまうから同じ」ではなく、悪循環を断ち切り悪化しないよう予防、治療していきます。
身体が軽い、楽という状態を作りだす事で心や自律神経にも良い連鎖も起こしていく事が可能です。
疲れが溜まっている方、自律神経失調症やうつ病などでお悩みの方は、病院の薬に頼る前に一度鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか?


戻る  |  TOPページに戻る