クーポン
いつでも電話とメール対応いたします。
健太郎漢方針灸 東京都豊島区西池袋4-23-15 ・有楽町線 副都心線 要町駅徒歩5分 ・池袋駅徒歩14分 お問合せ電話番号 090-9688-2223 いつでもメールと電話対応致します。
人生が一瞬で劇的に変わる健太郎漢方針灸のリバースセラピー
3万人以上の身体と対話し、辿り着いた最高峰の根本治療 ご予約・お問い合わせ リフトアップセラピー よくある質問 アクセス 講習会のお知らせ 健太郎オススメの逸品達 モバイルサイト
お客様の声
松田先生より推薦文 乃木田先生より推薦文 さすらいの針灸師 松浦健太郎 針灸&東洋医学をもっと知ろう! facebook

帯状疱疹後神経痛 肋間神経痛

帯状疱疹後神経痛や肋間神経痛は、ヘルペスウイルスの一種にかかって発症する場合が多いと言われます。基本的には病院で抗ウイルス剤の飲み薬を用いて治療しますが、治療開始は早ければ早い程良く、時間が経ってから飲むと顕著な効果を期待できません。
治療を始めるのが遅かったり、完治させないまま治療を止めてしまうと神経の炎症が残って、ウイルスがいなくなっても数年にわたり痛みだけが残る場合があります。
また免疫が落ちると悪化するので、なるべく良い体調を維持する事が大事です。良い睡眠、食事、ストレスの少ない生活を心がけましょう。


~帯状疱疹後神経痛 肋間神経痛の鍼灸治療~
身体自体の免疫力を高める鍼灸治療がまず必要です。鍼灸治療単独でも効果は望めますが、無針バリ治療と併用の方がより効果は高まるでしょう。痛みの場所が特定される場合、その場所に火針をする事によっても効果を望めます。

当方でも何例も症例がありますが、病院で手段が無い時などに良く効果が出ます。神経ブロックによって神経痛のコントロールをする事もできますが、様々な危険性もあります。自然療法の鍼灸治療は副作用も無く安全に治療が出来ます。若者の方が年配者より早く治る事がわかっており、免疫力を保つという事がとても大事です。


戻る  |  TOPページに戻る